大阪・兵庫・京都の不動産鑑定、相続不動産の評価、時価による土地評価・広大地判定

よくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問(FAQ)

Q.鑑定を依頼する場合、どのような資料が必要ですか?
A.①対象不動産の所在がわかるもの(住宅地図等)
  ②法務局資料(登記簿謄本、公図、地積測量図、建物図面等)
  ③固定資産税評価額及び税額がわかるもの(固定資産公課証明書等)
  ④契約書・覚書等(賃貸借契約書、借地契約書等)
  ⑤建物に関するもの(建築確認申請書及び検査済証、修繕履歴等)
などが必要となります。
物件によって必要書類は異なりますので、不明な点はお問い合わせください。

Q.納期はどれくらいですか?
A.2週間程度とお考えください。
上記は目安です。お急ぎの場合はできる限りスピーディーに対応いたします。
また、対象不動産が複数の場合等には、上記よりも日数を要する場合があります。

Q.支払いはいつ行えばいいですか?
A.納品後にお願いいたします。

Q.鑑定評価書に有効期間はあるのでしょうか?
A.価格時点から3ヶ月程度とお考えください。

Q.評価額は絶対値ですか?幅をもった金額ですか?
A.不動産の評価額に絶対値というものはありませんが、鑑定評価額は単一の価額を提示したものです。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional